FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

悩んでいた。

2009.10.19 *Mon
風通りの悪い白い部屋にいる。
テレビでは熱波による死者がでていると報じられている。
私はチャンネルを変え、いつもの料理番組を眺めながらまた考える。
この先どうしようか。

私の暮らすニューヨーク郊外の古いアパートは三階建て。
通りには小さな工場が建ち並び、朝から騒音がひどかった。
心地よいのは、たまに聞こえる溶接の音。

画像2006 050

スペイン語の歓声が聞こえ窓から見下ろすと、道路脇の消火栓から水が噴き上げ、子どもから大人まで水をかぶってはしゃいでいる。
それにしても暑い。

階下のデリで水を買い、地下鉄に乗る。

画像2006 191


ニューヨークでの個展の機会に恵まれ、私は居心地のよい会社を退職し、住み慣れた札幌を離れそこにいた。
身体ひとつでニューヨークへ行き、現地制作で個展を開こうと思った。
知り合いなど一人もいない。
頼れるのは自分だけ。
そこにできたものが、今の自分自身だと思ったから。


知識や技術が身に付き、特に金属加工の面では起用に仕事をこなせるようになった。
しかし、つくることの本質では、実はとても不器用であることを知った。


知らせは絶妙なタイミングでおとずれた。
帰国後苫小牧、室蘭、札幌での出品を終えたころ室蘭での仕事のオファーをいただいたのだ。
「胆振はアツイ」そう思っていた矢先の知らせだった。
胆振にはたくさんの素晴らしい作家の方々がいる。
そして何より、私の大切にしたいすべてがある。

私は故郷室蘭へ帰ることを決意し、今に至る。



2007年某日の手記より
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

kasumania

Author:kasumania

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
イベント・展覧会 (16)
霞-kasumi-2009 (11)
正太郎 (84)
川岸 (5)
kabu (24)
maho (5)
直子 (1)
霞-kasumi-のこれまで (6)
霞-kasumi-2010 (13)

検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 霞-kasumi-blog All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。